FX画像

FX取引で効果的な移動平均線の活用法

FXトレードで活用できる最も代表的なテクニカル指標は移動平均線です。
私もこの移動平均線を用いて市場の大きな方向性を把握し、その流れに沿ったポジションを建てています。
この移動平均線というのは、予め決めておいた一定期間の為替レートの平均値を求めるものです。
例えば、五日移動平均線であれば、過去五日間の平均値を求め、その値が毎日描写されていく事になります。
その為、私はこのテクニカル指標を現在の市場の価格動向を見るのに使用しています。
私の移動平均線の活用法としては、この移動平均線が上向いていれば相場は上昇傾向にあるために、ロングのポジションを建てる場所を探すという方法です。
そして、この移動平均線の角度にも注目し、相場の勢いや価格変動の速度を見極めるのに活用しています。
更に、この移動平均線を利用する事で、ポジションを建てる判断に影響を与える細かいノイズ的な価格変動を排除し、大きな市場の方向性を見やすくしてくれます。
このように移動平均線はFX取引において大変使い勝手の良いテクニカル指標ですが、この移動平均線には他の活用法もあります。
ここではFX取引で効果的な移動平均線の活用法についてお話致します。
先ず最初に、私が利用している最も効果的な移動平均線の活用法として、複数の移動平均線の交差があります。
特に、私が重視しているポイントは、長期線が上昇中に短期線が下から突き上げてくる移動平均線のクロスです。
このポイントで買いのポジションを建てる事で、成功率の高いトレードを行う事が出来ます。
又、長期移動平均線が下降に転じ、短期線が上から突き刺してくるポイントはショートポジションを建てるのに最適なタイミングです。
私はこのようなポイントでショートポジションを建てています。
これら移動平均線が示唆するタイミングは有効なポジションを建てるサインとなります。
このようにFX取引で効果的な移動平均線の活用法には、このようなポイントがあります。

Copyright(C) 2010 投資で副業.com All Rights Reserved.