FX画像

FX取引で知っておくべきトレードの流れ

最近、様々なメディアでFXの特集が組まれており、私はこの投資に興味を持ちました。
この外国為替の取引は自宅でインターネットを活用して取引が行えるために、都合の良い時間のみトレードが可能です。
更に、外国為替市場は株式市場とは異なり、二十四時間絶え間なく動き続けている為に、何時でも取引が可能です。
私はこのようなFXの利点に魅力を感じ、この投資をはじめました。
私はこの投資を本格的にはじめる前に、トレードに必要な一連の工程を学んでおきました。
その為、初めてのトレードでも緊張する事無く、トレードをスムーズに行う事が出来ました。
ここではFX取引で知っておくべきトレードの流れについてお話致します。
先ず最初に、為替取引は通貨ペアを選ぶことからはじまります。
この通貨ペアとはどの通貨の組み合わせを取引するか選ぶもので、外国通貨の組み合わせを選ぶ事になります。
基本的に、外国の通貨と円の組み合わせが馴染み深くなりますが、FX取引ではこの通貨ペアを買いや売りでトレードする事になり、円を絡ませない取引も可能になります。
私は通貨ペアを選ぶ前にチャート検証を行い、値動きの大きな通貨ペアに狙いを定め取引を行っています。
次に、FXでは取引の数量を決めます。
為替取引は通常一万通貨が取引単位となりますが、この取引通貨の数量は各業者により大きく異なり、千通貨単位でも取引が可能な業者もあります。
そして、FX取引を行う上ではロングでポジションを建てるのか、またはショートでの取引を始めるのかを決めます。
この時には注文方法を活用して、指値注文で予め希望の為替レートを指定して取引を行うことも出来ます。
又、どうしても注文を約定させたい場合は、成行注文を用いて数量だけを指定して取引することも出来ます。
私は通常指値注文を用いて、有利な価格帯での取引を心掛けています。
このようにFX取引で知っておくべきトレードの流れには、このようなポイントがあります。
日本のFX業者を選ぶポイントはこちら。

Copyright(C) 2010 投資で副業.com All Rights Reserved.